限定承認の内容や効果を知ってスムーズな相続を

売却の時は

電話を待っている

不動産の相続が発生した時に、不動産売却をする人も多くいますが、売るときには事前に相場価格や価格査定における様々な情報を収集しておく必要があります。最近ではネットを利用して簡単に情報を集めることができます。

Read More >>

土地を活用する方法

データを入力

賃貸を活用することで得られる収入は、生活を助けてくれる収入源として活用できる、投資による資産運用として活用できる方法です。土地を所有しているなら特に、検討したい資産運用方法だといえます。

Read More >>

ニーズに応じて

お金をもらう

家を建てる時にはそのデザインもかなり重要で、特に住む人やペットに合わせて家をデザインしてもらうと快適に過ごすことができるので、注文住宅を依頼するときははっきりと希望を伝えておくと良いでしょう。

Read More >>


限定承認の内容

相続について調べる

北九州で注文住宅を購入するなら、過去の施工例をチェックしましょう。和風から欧風まで、多種多様のデザインを手掛ける業者が見つかります。

相続人は、3つの選択が可能となっています。単純承認、放棄、限定承認の3つです。単純承認とは、通常の相続のことです。放棄とは、相続権を自ら失わせることです。限定承認とは、財産を限定的に相続することです。限定承認を行うには、家庭裁判所への申述が必要になります。裁判所は、故人の最後の住所地の裁判所となります。期限は、故人が亡くなった日の翌日から3か月以内となっています。放棄の場合と同じ期限になっています。ただ、放棄の場合と大きく違うのが、本人のみでは行えないということです。限定承認をする場合、相続人全員で行う必要があります。話し合いの場を持ったり、必要書類を集めたりしていると、すぐに3か月経ってしまいます。限定承認を選択する場合は、早めに動き出すようにしましょう。

限定承認と放棄は、遺産のすべてを受け継がないという点で同じです。では、この二つはどう違うのかというと、限定承認が全員で申述を行うという点にポイントがあります。遺産と言っても、相続人にとってプラスになる遺産もあれば、マイナスになる遺産もあります。例えば、土地や建物等がプラスの遺産、借金等がマイナスの遺産です。ケースによっては、プラスの遺産よりも、マイナスの遺産の方が多いことがあります。それを常に相続させるというのは酷なことです。そのため、放棄が認められています。しかし、放棄をすると全く取得することができなくなります。例えば、建物と土地だけは相続したいということもあるでしょう。その時に、建物と土地の価値と同じ分だけ、借金を相続するというのが限定承認なのです。債務が多いけど、何としても相続したい遺産があるという場合は、ぜひ活用して下さい。


歴史を知る

読み上げる

一戸建ての住宅はかなり長い歴史を持つ住宅形態ですが、時代の変化に伴って一戸建てのニーズも変わりつつあります。最近では環境などを考慮して、一戸建て住宅の中でもエコ住宅などの人気が高まっています。

Read More >>

理想の家の作り方

握手をする

注文住宅を完成させるにあたって欠かせない考え方に、住居をどうしたいのか、という意向をきっちりとまとめておくことが大切です。多角的な視点から捉えて、イメージを事前に固めておくことは欠かせません。

Read More >>