限定承認の内容や効果を知ってスムーズな相続を

売却の時は

電話を待っている

一戸建てやマンションなどを親から子へと相続する場合、同居ならそのまま住むことになるので、管理もしやすいかと思いますが、離れたところでお住いの方には、相続した不動産を管理することは難しいです。そのまま放置しておくと、不動産自体の価値が下がってしまったり、管理が不十分のため傷んでしまったりとませっかくの不動産を無駄にしてしまうこともあります。そのため、不動産売却を考える方もいます。不動産売却の際には、相続登記が必要となります。これを行うことで、あなた以外の相続人が勝手に不動産売却をおこなったり、火災などに巻き込まれたりした際も賠償が受けれないどと行ったデメリットを避けることが可能です。 また、土地や不動産を担保にお金を借りることもできるようになる為、早期に相続登記を行うべきでしょう。

不動産売却を行う際には、その不動産をいくらで売り出すのかを決める必要があります。その価値が市場に見合っていない場合は買い手がつかなかったり、せっかくよい物件であったのに、安く売ってしまい損をしてしまうなどを避ける為に、可能な限り市場の価格情報を調べる必要があります。 物件の価格査定においては、自分では分からないことが多いため、多くの人が不動産会社に依頼されますが、事前にある程度の周辺相場を把握しておくことで、売却時の価格を決めやすくなります。周辺相場を調べる際には不動産会社に直接周辺相場を尋ねることも可能ですし、ネットでも検索可能です。不動産売却で損をしないためにも充分に下調べを行うことが重要です。